アドバイザーを指名する方法と公募する方法はどう使い分けるとよいですか?

ビザスクではスポットコンサルを依頼する場合、
①アドバイザーを検索し、該当者がいないもしくは候補者が少ない場合に、
②アドバイザーを募集されることをおすすめしております。

①まずはアドバイザーを探してみる(指名相談)

ビザスクではアドバイザーの皆様にそれぞれの職歴やご経験をご登録いただいております。そこで、まずは依頼したい内容のキーワードを検索欄に入力し、該当するアドバイザーがいるか探してみてください。複数のキーワードで検索してみて、依頼内容に該当しそうな候補者を見つけた場合は、直接メッセージを送りご対応いただけそうか確認してみましょう。メッセージのやり取りは無料で行えます。(詳細はこちら

②アドバイザーを募集してみる(公募)

もし、相談したい候補者が見つからない場合はサイト上で募集をかけてみましょう。中には、職歴等を非公開にされている方や、該当経験をまだご登録されていないものの、実は経験をお持ちであるといった方も多くいらっしゃいます。
そのような方々から提案が集まる可能性があります。指名相談だけでは不十分なことが想定される場合には、ぜひ同時並行で公募もお試しください。(詳細はこちら

一方で、新規事業検討の際に、ユーザーインタビューなどを広く行われたいケースでは、アドバイザーを最初から募集したほうがより早く適切な候補者に出会える可能性が高まりますので、利用シーンに応じて使い分けることをおすすめします。

*関連ページ*
・依頼の流れ >> アドバイザーの探し方